脊柱管狭窄症のリハビリについて~コツコツ改善腰の痛み~

閉経前後の女性の体

看護師

若い人も要注意

更年期障害は閉経前後の40代から50代の女性が、女性ホルモンの減少により体調不良を引き起こすことです。しかし、最近では若い女性も更年期障害に似た症状を訴える人が多くなっています。不規則な生活習慣や、過激なダイエット、極度の冷えなどからホルモンバランスを崩し、月経不順や自律神経が乱れたりします。若いから大丈夫と思い、不摂生な生活や無理なダイエットを続けていくと、これから迎えようとする妊娠・出産に大きく影響してきます。このように、ホルモンバランスが乱れた若者がますます増えていくということが予測されます。まずは治療することが大切なので、体調不良を感じたら躊躇することなく、早めに病院で受診することが必要です。

人気の対策法

つらい更年期障害ですが、治療することによって改善されます。最近注目されているのは、プラセンタを摂ることです。プラセンタとは哺乳類の胎盤のことで、胎児を育てるための栄養素や成長因子が豊富に含まれ、更年期障害にとても有効です。市販されているプラセンタは、豚や馬などの胎盤を使用しています。病院ではヒトのプラセンタを注射することができます。更年期障害あるいは慢性肝炎の治療のためにプラセンタ注射を打つ場合は、保険が適用されます。このプラセンタは、更年期障害だけでなく、美容効果にも期待できます。プラセンタには、コラーゲンやヒアルロン酸も含まれているので、お肌の弾力やみずみずしさを保ってくれます。また、人間本来の力をより効果的に高めてくれる働きがあるので、自律神経失調症やアトピー治療にも注目されています。