脊柱管狭窄症のリハビリについて~コツコツ改善腰の痛み~

病院選びが大切

肩凝り

手術を行うべき時とは

腰部脊柱管狭窄症の治療で最初に行われるべきことは、保存的治療と呼ばれる方法です。これは、薬物療法や理学療法などがあり、一人ひとりの状態に合わせて行われます。この保存的治療を数ヶ月継続しても効果を得ることが出来なかったという場合には、手術という方法を検討する必要があります。腰部脊柱管狭窄症の原因は、脊柱管が狭くなっていることで、神経が圧迫されているということですので、手術で狭くなった脊柱管を広げ、神経への圧迫を取り除く必要があります。腰部脊柱管狭窄症の原因を根本的に取り除くことが出来ますので、保存的治療で効果を実感することが出来なかったという場合でも高い効果を実感することが出来ると期待されています。

術後のことも考えよう

腰部脊柱管狭窄症の手術には、メリットもありますが、リスクもあります。リスクを軽減させる方法としては、信頼することが出来る医師・病院を選ぶということです。実際に手術を受けたことのある人の体験談を直接聞くことが出来れば良いのですが、周囲にそのような人がいないという場合には、インターネットサイトなどを参考にすると良いでしょう。様々な病院の特徴を知ることが出来たり、これまでの実績を知ることが出来ますし、実際に手術を受けたことのある人の体験談を知ることにも繋がります。実際に手術を受ける際には、手術のリスクや費用、術後の生活についても確認しておくようにしましょう。術後にはリハビリが必要になりますので、そのことについても確認しましょう。